犬が行動する理由🐕🐾  part4

こんにちは。
D.I.N.G.O.ドッグインストラクターの池田です。

「犬が行動する理由について」をテーマに連載記事を書いております。
Part1のお話はこちら
Part2のお話はこちら
part3のお話はこちら

それでは、続きをどうぞ!

🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 

その犬にとって『やって良かった』『行動してよかった』と感じた行動は、
また同じ状況になった時にその行動を優先して取るようになるとお話しましたね。
どの行動が出現しやすいかはその環境その状況、
その犬の性質などによって変わってくるでしょう。

しかし、そのうちのどの行動がその犬にとってより価値の高いものになるかどうかは、
「起きた結果」によって変わってきます。

そしてここでお伝えしておきたいのは、

結果は、犬が自分で作り出すことはできない

ということです。
なぜなら、その環境も結果も多くの場合人間が作り出すもので、
その人間が作った環境下で犬は生きているからです。
結果を左右しているのは、私たち人間なのです。
したがって、犬の行動を作り上げているのも、私たち人間だということです。


犬に対して、言葉で物事を説明してあげる事はできませんから、犬は起きた結果から学びます。
その時に起きたこと、その時に犬が体験したことが全てになります。

人間を困らせるような行動をとった犬も、決して人間を困らせようとして行動したわけではなく、
ただその環境に適応しようと、自分が望んだ結果をもたらそうと努力したことでそうなってしまっただけなのです。

続きます。
次回で最終回です。

"犬が行動する理由🐕🐾  part4"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: